mPW1PW91

Share This:

1998年にCarlo AdamoとVincenzo Barneにより開発された混成(hybrid)汎関数である(文献 1)。

内容

B3LYPの物理的妥当性を高めるために PW91 交換・相関汎関数(文献 2)に基づいて作り直したものである。

よくある使い方としては、B3LYP で座標を求めた後に mPW1PW91 で一点計算を行ないエネルギーを出すというものである。

参考文献

  1. “Exchange functionals with improved long-range behavior
    and adiabatic connection methods without adjustable parameters: The mPW and mPW1PW models” C. Adamo & V. Barone., J. Chem. Phys. 1998, 108, 664. DOI: 10.1063/1.475428
  2. “Accurate and simple density functional for the electronic exchange energy: Generalized gradient approximation” J. P. Perdew and Y. Wang, Phys. Rev. B 1986, 33, 8800-8802. DOI: 10.1103/PhysRevB.33.8800
  3. “Accurate and simple analytic representation of the electron-gas correlation energy” J. P. Perdew and Y. Wang, Phys. Rev. B 1992, 45, 13244-13249. DOI:10.1103/PhysRevB.45.13244

関連する記事

汎関数一覧に戻る

計算手法に戻る

コメントを残す(投稿者名のみ必須)