分子座標の原子数の読み取り方

Share This:

今回は、解析プログラムの非常に初歩的なことについて解説します。

分子座標の原子数の読み取り方です。

input ファイル

input ファイルの典型例を下に示します。

ポイントとなるのは、キーワードセクションの後と charge & spin の行の前に空行があること、座標の後ろに空行があることです。
分子座標の開始行は、2 つ目の空行の 2 行後です。
また、分子座標の最終行は、3 つ目の空行の 1 つ前の行です。

つまり、原子数は (3 つ目の空行)–(2 つ目の空行)- 2 となります。

これをプログラムで表現します。今回も C++ で例を示します。

間違いなどございましたら、コメントにて教えていただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。

コメントを残す(投稿者名のみ必須)