IOpって何?[gaussian]

Share This:

gaussian のinput ファイルまたは、log ファイルを眺めていると、IOp というものが使われていることに気づきます。
以前の記事「Antechamber の input ファイル変換法」でも IOp(5/6=6), IOp(6/33=2, 6/42=6) を使うことを紹介しました。

IOp はInternal Options の略です。
こちらに IOp のマニュアルが置いてあります。

IOp に相当する keywords がある場合は、分かりやすさの点から keywords を使うことが推奨されています。しかし、対応する key word がない IOp も数多く存在します。

IOp のマニュアルを読むと気づくと思うが、番号が飛んでいる場所がある。gaussian のバージョンが新しくなるたびに廃止される IOp も存在するため、注意が必要です。例えば、IOp6/33 は g09 では廃止されています。g03 を使うか、または g09 にてIOp6/50=1 を使う必要があります。
ちなみに上記のリンクは、g09 のマニュアルになります。

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)