ロバート・パール Robert G. Parr

Share This:

Robert Ghormley Parr (1921 年 9 月 21 日-) シカゴ出身の理論化学者、 ノースカロライナ大学 (University of North Carolina) 教授。(トップ画像は Educ. quím., 25(E1), 170-175, 2014. より抜粋。)


論文引用数は 2014 年時点で 46,700 回以上で、最も引用された論文ランキングでも 7 位に入っています。(引用元: Nature  news, 参考文献 1)

生い立ち

1921 年シカゴ生まれ。1942 年に ブラウン大学 (Brown Univeristy) にて学士号を取得。その後ミネソタ大学 (University of Minnesota) へと進学し、1947 年に博士号を取得。1948 年にカーネギー・メロン大学 (Carnegie Mellon University) へと移り、1957 年に教授に昇進した。1962 年にジョンズホプキンス大学 (Johns Hopkins University) へと移り、さらに1974 年に現在のノースカロライナ大学 (University of North Carolina) へと移った。

また、1991 年から国際量子分子科学アカデミーの会長を 2 期務めた。

研究内容

1953 年にデュポンの化学者である Rudolph Pariser と共に半経験的分子軌道法を開発した。同年に同様の手法がジョン・ポープル John A. Pople からも発表されたため、この理論は Pariser-Parr-Pople method 、 PPP 近似と呼ばれる。この手法は π 共役電子系へ用いられる(参考文献 2-4)。
1988 年に Yang Weitao と Chengteh Lee とともに LYP 相関汎関数を発表した(参考文献 1)。

ヤング・ウェイタオ Yang Weitao とともに出版した「原子・分子の密度汎関数法」は、量子化学の教科書として多くの大学でも使用されている。

受賞歴

  • Member of the International Academy of Quantum Molecular Science
  • 1967 – Co-founded (with 4 others) the International Academy of Quantum Molecular Science
  • 1994 – Winner of American Chemical Society’s Irving Langmuir Award in Chemical Physics
  • 2004 – winner of United States National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
  • 2009 – winner of American Chemical Society’s Award in Theoretical Chemistry

関連する記事

参考文献

  1. “Development of the Colle-Salvetti correlation-energy formula into a functional of the electron density.”
    Chengteh Lee, Weitao Yang, and Robert G. Parr, Phys. Rev. B 1988, 37, 785–789. DOI:10.1103/PhysRevB.37.785
  2. “A Semi‐Empirical Theory of the Electronic Spectra and Electronic Structure of Complex Unsaturated Molecules. I.”
    R. Pariser and R. Parr, J. Chem. Phys., 1953, 21, 466. DOI: 10.1063/1.1698929
  3. “A Semi‐Empirical Theory of the Electronic Spectra and Electronic Structure of Complex Unsaturated Molecules. II”
    R. Pariser and R. Parr, J. Chem. Phys., Physics, 1953, 21, 767. DOI: 10.1063/1.1699030
  4. “Electron interaction in unsaturated hydrocarbons”
    J. A. Pople, Trans. Faraday Soc., 1953, 49, 1375-1385.
    DOI: 10.1039/TF9534901375

関連リンク

大学HP
CV

コメントを残す(投稿者名のみ必須)