ニコラス・C・ハンディー Nicholas C.Handy

Share This:

ニコラス・C・ハンディー Nicholas C.Handy(1941 年 6 月 17 日 – 2012 年 10 月2 日) イギリス出身の理論化学者。2004 年までケンブリッジ大学教授。国際量子分子科学アカデミー (IAQMS) の会員でもあった。(トップ画像は、こちらから転載。)

経歴

イギリスのウィルトシャー(Wiltshire) の出身。ケンブリッジ大学で、学部時代は Mathematical Tripos の勉強をし、Paul Dirac や John Polkinghorne や Jeffrey Goldstone の授業も受けた。しかし、大学院からは理論化学を専攻し、1967 年に博士号を取得した(指導教官 Samuel Francis Boys)。博士論文のタイトルは、「Correlated Wave Functions and Energies of Atoms and Molecules」。その後、Handy は電子相関の研究を続けることになる。
卒業後、アメリカのジョンズホプキンズ大学 (Johns Hopkins University) の Bob Parr 教授の元で博士研究員として働き、1969 年にケンブリッジ大学に戻った。1991 年にケンブリッジ大学化学科の教授となった。

研究内容

博士課程からしばらくは電子相関の研究を行っていた。Handy の研究にとても大きな影響を与えたのは、外部の研究者との共同研究である。

1978 年、Handy はサバティカルで UC Berkeley に滞在し、Bill Miller や Fritz Schaefer の近くで研究することとなった。Handy は Miller とともに、”どのようにして分子の計算を行うか?”についてのとても影響力のある論文を出した。さらに、サバティカルの最後の 4 分の 1 で Bob Parr とともにクーロン積分についての研究を行った。
サバティカル終了後、 Handy はケンブリッジで Peter Knowles とともに CI 法のプログラムを作成した。さらに同学部の Roger Amos により CADPAC が作られた。(注:CADPAK は Cambridge Analytic Derivatives Package の略であり、 第一原理計算のソフトウェアである。Hartree–Fock 法や Møller–Plesset 法などの計算を行うことができる。)この後、Handy は Stuart Carter と共に振動回転スペクトルの計算に非常に精力的に取り組んだ。

1980 年代後半、有用な汎関数の開発により密度汎関数法 (DFT) が次第に注目されるようになった。Pople や Beckeの仕事に影響され、Handy も DFT 分野の研究を始めた。Handy が初めて DFT に関する論文を出したのは、1992 年である。そして、その後は DFT の分野でも多大な貢献をし、汎関数の開発(CAMB3LYP, HCTH, OPTX)など他多くの仕事を発表した(詳細は関連リンク参照)。

1969 年から 2002 年までの間に約 400 報の論文を発表した。引用回数は25,000回以上、H-index は 82。

関連する記事

参考文献

  1. “Does Density Functional Theory Contribute to the Understanding of Excited States of Unsaturated Organic Compounds?” D. J. Tozer, R. D. Amos, N. C. Handy, B. O. Roos and L. Serrano-Andres. Molec. Phys. 1999, 97, 859. DOI: 10.1080/00268979909482888
  2. T. Yanai, D. Tew, and N. Handy, “A new hybrid exchange-correlation functional using the Coulomb-attenuating method (CAM-B3LYP),” Chem. Phys. Lett., 393 (2004) 51-57. DOI: 10.1016/j.cplett.2004.06.011
  3. 分かりやすい解説
  4. Molecular Physics の Handy 記念号の紹介記事
  5. “Development and assessment of new exchange-correlation functionals”
    F. A. Hamprecht, A. J. Cohen, D. J. Tozer, and N. C. Handy, J. Chem. Phys. 1998, 109, 6264. DOI: 10.1063/1.477267
  6. New exchange-correlation density functionals: The role of the kinetic-energy density
    A. Daniel Boese and Nicholas C. Handy J. Chem. Phys. 2002, 116, 9559. DOI: 10.1063/1.1476309

関連リンク

IAQMS の紹介ページ
Handy の紹介 pdf
死亡記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)