150 記事を記念して

Share This:

いつも当ウェブサイトの記事をご覧くださり、ありがとうございます。

今回の記事でちょうど 150 記事目です。
良い機会ですので、101 記事目から 150 記事目までを簡単に振り返ってみようと思います。

概要

101 記事から 150 記事までのタイトル一覧は以下のようになっております。

雑感としては、論文紹介やパソコン関係の話題が多いですね。
今年は CPU 激動の年だったため、パソコン関係の記事が多いのは仕方ないとも言えます。
Intel や AMD のロードマップを見る限り、しばらくは大きな進歩はなさそうな感じがするので、今後はパソコン関係の話題は少なくなると思います。
また論文紹介は意識して増やしていましたが、今後は減らしていく予定です。

今回の反省点としては、計算化学のテクニックや原理に関係する記事が極端に減ってしまったことが挙げられます。
また、汎関数、基底関数に関する記事が一つしかありませんでした(revM06-L)。今後は、もっと汎関数データベースの作成に力を入れていく予定です。

期間

100 記事目の投稿が 2017 年 04 月 05 日ですので、50 記事書くのに約半年もかかってしまいました。平均すると、4 日に 1 記事くらいのペースです。。。

しかし、ブログ形式の投稿以外にも固定ページの投稿が多数あるため、実際には本サイト内の記事数は 200 記事以上あります。

また、国際版の記事更新を 9 月から本格化しました。現在 13 記事しかありませんが、日本語版よりもアクセス数の伸び率は高いです。やはり日本語と英語での母体数の違いは大きいですね。

今後は?

本サイトを始めてから、記事のコメント欄や twitter などで非常にためになるコメントをいただけることがあります。自分で調べていたり、身近な人に聞いていたのでは分からなかったであろうことも多々あるため、非常に感謝しております。

当面の目標としては、汎関数や基底関数の記事を増やしていく予定です。また、国際版を日本版と同等の規模にしたいと考えております。

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)