マーティン・ヘッドゴードン Martin Head-Gordon

Share This:

(トップ画像は、こちらのページから)
マーティン・フィリップ・ヘッドゴードン (Martin Philip Head-Gordon 1962 March 17- )
オーストラリア出身の理論物理化学者。UC Berkeley 教授。IAQMS の会員である。

Q-Chem の開発者の一人である。\omegaB97 汎関数の開発者でもある。

略歴

B. Sc (Chemistry) Monash University
M. Sc (Chemistry) Monash University
Ph.D (Chemistry, supervisor: John Pople) Carnegie Mellon University
1992 Assistant Professor in Chemistry, University of California, Berkeley
2000 Full Professor,in Chemistry, University of California, Berkeley
兼任 Chemical Sciences Division at Lawrence Berkeley National Laboratory

受賞など

1993 NSF Young Investigator
1995 a Packard Fellow
1995 a Sloan Fellow
1998 Medal of the International Society of Quantum Molecular Sciences
2001-2002 a Miller Research Professor

研究

Head-Gordon の研究室は立体電子構造を研究しており、興味深い分子の電子構造を予測する方法の開発と応用を中心としています。研究対象としている分子は、二原子分子から中程度の有機および無機物、吸着表面系まで多岐にわたります。

  • Head-Gordon-Pople scheme
    M. Head-Gordon and J. A. Pople, “A Method for Two-Electron Gaussian Integral and Integral Derivative Evaluation Using Recurrence Relations,” J. Chem. Phys. 1988, 89, 5777.
  • \omegaB97 汎関数 の開発
    2007 年に B97 汎関数に長距離補正を加えた \omegaB97 汎関数 を発表した。
  • Q-Chem の開発
    ab initio 量子化学計算の統合パッケージ Q-Chem を販売している Q-Chem Inc. の founder の一人である。
  • 汎関数に関するレビュー
    2017 年に発表した汎関数に関するレビューは非常に勉強になる。”Thirty years of density functional theory in computational chemistry: an overview and extensive assessment of density functionals”
    Narbe Mardirossian & Martin Head-Gordon MOLECULAR PHYSICS, 2017, 115, 2315-2372. DOI: 10.1080/00268976.2017.1333644

(後日、もう少し書き足す予定です。)

参考リンク・文献

  1. “Thirty years of density functional theory in computational chemistry: an overview and extensive assessment of density functionals”
    Narbe Mardirossian & Martin Head-Gordon MOLECULAR PHYSICS, 2017, 115, 2315-2372. DOI: 10.1080/00268976.2017.1333644
  2. 研究室 HP
  3. Google Scholar

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)