Coupled Cluster 法

Share This:

「電子相関をいかに効率的に高度に取り込むか?」というのが、量子化学の長年の重要課題である。その課題のもと、多くの理論が開発されてきた。Coupled Cluster 法はそのうちの一つであるが、実用レベルの計算時間で非常にバランスの良い電子相関を与えることから、高く評価されている。


\hat{T} を2電子励起演算子 \hat{T}_2 までで打ち切った (\hat{T}=\hat{T}_1 + \hat{T}_2) 方法を CCSD 法、それに 3 電子励起演算子のもたらす相関を摂動法によって加えた方法を CCSD(T) 法と呼ぶ。

関連する記事

計算手法一覧に戻る