ハートリーフォック法(HF法)

Share This:

ハートリーフォック法(Hartree Fock method)

Schrondinger方程式の厳密な解を求めることは、二電子系などの特殊な例を除いて、求めることが出来ない。そこで最も簡単に独立粒子模型という近似を行なった。波動関数を一組の規格直交化された1電子スピン軌道の半対称化積で表すものである。これは、slater行列式を用いて表すことが出来る。

続く

(1)   \begin{equation*} EHF = V + + 1/2<PJ(P)> - 1/2<PK(P)> \end{equation*}

\end{equation}

V: 核間反発エネルギー
hP: 一電子ポテンシャルエネルギー
PJ: クーロン反発力
Pl: 交換エネルギー

計算手法に戻る