Møller-Plesset法

Share This:

メラー=プリセット法(Møller-Plesset method)
ハートリーフォック法(HF法)では、電子相関の見積もりに問題があった。
Rayleigh-Schrodingerの多体摂動論では、ハミルトニアンを0次と摂動に分割し、0次ハミルトニアンの固有関数から摂動に対する逐次展開を行なう。

フォック演算子を0次ハミルトニアンとしたHFは導関数は頻繁に参照関数として用いられ、Møller-Plesset methodの摂動論と呼ばれる展開シリーズを形成する。

※摂動とは
摂動とは、もともと惑星物理学で用いられていたものである。地球が太陽の周りを公転している時、単純に考える場合は、太陽の引力のみを考慮すれば良い。しかし、実際には他の星との相互作用も関係している。それが摂動である。
電子は原子核の周りを回っているが、その原子からの引力のみではなく、他の電子の運動からの摂動も考慮しなくてはならない。

関連する記事

計算手法に戻る