ドナルド・トゥルーラーDonald G. Truhlar

Share This:

Donald G. Truhlar (1944年2月27日-) アメリカの計算化学者。ミネソタ大学教授。
(トップ画像は、大学 HP より転載。)

生い立ち

1944 年シカゴ生まれ。1965 年に St. Mary’s College にて学士号を取得(主専攻:化学、副専攻:数学)。1970 年にカリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)にて博士号(化学)を取得。その後、ミネソタ大学に移り1976年に教授に昇進し、現在に至る。

研究内容

化学、物理化学分野で多くの研究成果を発表しており、研究対象は多岐にわたる。

  • Density functional design
    Truhlar らは、DFT の理論に関して主に二つの研究を行っている。一つ目は、新規の交換相関汎関数の開発である。近年の顕著な研究成果としては、Minnesota 汎関数の開発が挙げられる。とりわけ、M06/M06-2X に関する論文は 8,600 回以上引用されている(参考文献 1)。ちなみに最新の Minnesota 汎関数は xe-PBE0、GAM、MN15-L、MN15 である。
    二つ目のは、多配置ペア密度汎関数理論 (multi-configuration pair-density functional theory) の開発である。Kohn-Sham 理論は、単一粒子密度 (singe-particule density) に限定されている。初期に得られた結果は素晴らしく、こちらの論文にて種々の計算手法と計算結果が比較されている。
  • 溶媒効果
    こちらのページで研究成果を見ることができる。
  • 光化学

これまでに、700 報以上の論文を発表している。

受賞歴

  • Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship, 1973
  • Fellow of the American Physical Society, 1986
  • NSF Creativity Award, 1993
  • Fellow of the American Association for the Advancement of Science, 1994
  • George Taylor/Institute of Technology Alumni Society Distinguished Service Award, 1998
  • American Chemical Society Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research, 2000
  • Minnesota Award, 2003
  • National Academy of Sciences Award for Scientific Reviewing, 2004
  • Lise Meitner Lectureship Award for the year 2006
  • American Chemical Society Peter Debye Award in Physical Chemistry, 2006

学術誌の Editor 歴 (抜粋)

  • Journal of Chemical Physics, Associate Editor, 1978-80
  • Chemical Physics Letters, Advisory Editor, 1982-present
  • Journal of the American Chemical Society, Associate Editor, 1984-2002, Board of Editors, 2003-present
  • Theoretical Chemistry Accounts (Theoretica Chimica Acta),Editor, 1985-98, Associate Editor, 1998-2001, Chief Advisory Editor, 2002-present
  • Journal of Physical Chemistry, Advisory Board, 1985-87
  • Computer Physics Communications, Editor, 1986-present
  • Topics in Physical Chemistry, Series Editor, 1992-99
  • IEEE Computational Science & Engineering, Area Editor for Computational Chemistry, 1993-98
  • AdVances in Chemical Physics, Editorial Board, 1993-present
  • International Journal of Modern Physics C, Editorial Board,
    1994-2005
  • International Journal of Quantum Chemistry, Advisory Editorial Board, 1996-2000
  • Computing in Science and Engineering, Applications Editor, 1999-2005
  • Journal of Computational Methods in Sciences and Engineering, Editorial Board, 2001
  • PhysChemComm, Advisory Editorial Board, 2001-03
  • Central European Journal of Chemistry, Editorial Board, 2002-present
  • Journal of Chemical Theory and Computation, Advisory Board, 2004-present
  • Chemical Physics, Advisory Editorial Board, 2005-09

関連する記事

参考文献

  1. Zhao, Y. & Truhlar, D.G. Theor Chem Account 2008, 120, 215-241. DOI: 10.1007/s00214-007-0310-x

関連リンク

計算化学者一覧に戻る

コメントを残す(投稿者名のみ必須)