F. Matthias Bickelhaupt マティアス・ビッケルハウプト

Share This:

マティアス・ビッケルハウプト (F. Matthias Bickelhaupt 19xx年xx月xx日-) オランダの理論科学者(theoretical organic chemistry)。アムステルダム自由大学(Vrije Universiteit Amsterdam) 教授。オランダの分子化学研究所(HRSMC)の会長。

彼は彼のM.Sc.を受け取りました。 Evert Jan Baerends(アムステルダムVU大学)、Ph.D. Nico Nibbering(アムステルダム大学)とEvert Jan Baerendsによる質量分析と理論化学では、Paul vonRaguéSchleyer(ドイツ、エアランゲン)、Tom Ziegler(カナダ、カルガリー)、Roald Hoffmann(コーネルUniversity、USA)。

生い立ち

Bickelhaupt は、1983 年にアムステルダム自由大学に入学。理論科学、有機化学、物理化学を学び、1988 年に卒業しました。その後博士課程に進学し、1993 年に Ph.D. を取得しました。博士課程での専攻は Mass Spectrometry であり、指導教員は Dr. N.M.M. Nibbering、副指導教員は Dr. E. J. Baerends でした。博士論文のタイトルは “Base-Induced Elimination Reactions – An Experimental and Theoretical Study on Gas-Phase Reactions”。
1993 年から 1997 年までは博士研究員として、ドイツ、カナダ、アメリカ、オランダで研究を大ないました。

  1. エアランゲン・ニュルンベルク大学 (P. von Ragué Schleyer 教授)ドイツ
  2. カルガリー大学(T. Ziegler 教授)カナダ
  3. コーネル大学 (R. Hoffmann 教授)アメリカ
  4. アムステルダム自由大学 (E. J. Baerends)オランダ

1997年にドイツのマールブルクで助教に任命され、1999年にアムステルダム自由大学の教授になりました。

受賞歴など

Bickelhaupt は、2014年に Royal Holland Society of Scientific and Humanities(KHMW)、2013年にワルシャワ工科大学(WUT)客員教授に選出されました。そして 2002 年にはオランダ科学研究機構(NWO)の VICI 賞を受賞しました。

研究内容

Bickelhaupt は、量子力学およびコンピュータシミュレーションに基づいて、標的分子、ナノ構造および材料、ならびにこれらの化合物に対する新しいより効率的な化学プロセスの予測および合理的設計を可能にする化学理論および方法を開発しています。これまでに 260 以上の論文を発表し、計 15,000 回以上の引用を記録しており、H index は 56 以上です。特に、彼が 2001 年に Journal of Computational Chemistry に発表した “Chemistry with ADF” は 5690 回以上も引用されています(参考文献 1)。
歪曲・相互作用モデルでは近年、総説なども書いています。

参考歪曲・相互作用モデル distorsion/interaction model

主たる研究テーマは下の 4 つ

  1. DFT 法での構造と化学結合
    Structure and Chemical Bonding in Kohn-Sham Density Functional Theory (DFT)
  2. 分子認識と理論生物化学 (Molecular Recognition and Theoretical Biochemistry)
  3. 化学反応の基本原理の解明
    Elementary Chemical Reactions [see: Activation Strain model]
  4. エネルギー分解法を基盤とした触媒設計
    Fragment-oriented Design of Catalysts

関連リンク

参考文献

  1. “Chemistry with ADF”
    G. te Velde, F. M. Bickelhaupt, E. J. Baerends, C. Fonseca Guerra, S. J. A. van Gisbergen, J. G. Snijders, T. Ziegler
    J. Comput. Chem. 2001, 22, 931-967. DOI: 10.1002/jcc.1056

関連記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)