GaussianとGRRMの違い

世の中には数えきれないほどの計算プログラムがあります。その中でも最も一般的な量子化学計算ソフトの一つが Gaussian です。

Gaussianとは?

1970年に Johb Pople により開発された量子化学計算ソフトです。世の中には数々の量子化学計算ソフトが存在していますが、学術論文でもっとも良く用いられているのは Gaussian  です。他のソフトとの大きな違いは、何と言ってもその計算速度の違いでしょう!

GRRMとは?

東北大学の大野 公一 名誉教授と北海道大学の前田 理 教授により開発された、「化学反応経路全自動探索プログラム」です。

GRRM では、ポテンシャルエネルギー曲面上の経路探索のみ行ない、エネルギー計算やハーモニクス計算は外部ソフトに行わせます。GAMESSNWChemSIESTAMolproTURBOMOL などの量子化学計算ソフトとも組み合わせて使うことはできます。管理人は、Gaussian と組み合わせて使用しています。

お勧めの使い方は?

GRRM 特有の AFIRADDF を使用することも良いですが、他の計算プログラムで計算が収束しない時に GRRM を使用するというのも一つの使い方です。

こういう場合、種々のパラメータを変更して計算し直すことが一般的だと思いますが、管理人は Gaussianでうまく行かない場合、GRRM で計算し直すことが多いです。例えば、

Gaussian の opt=ts がうまく行かないときは、GRRM の SADDLE 計算

Gaussian の IRC がうまく行かないときは、GRRM の IRC 計算

を使用するようにしています。Gaussian だとすぐに Error termination になって落ちてしまうような計算でも GRRM ならきちんと収束することが多いと思います。Gaussian よりもタフな印象です。

関連する記事



ブログ一覧に戻る

汎関数一覧に戻る

計算手法に戻る

管理人は、プログラミングや理論化学の専門家ではありません。もし記事中に誤りなどがございましたらコメント欄またはメールにてご連絡いただければ幸いです。