ハートリー・フォック法 Hartree Fock (HF) 法

Share This:

内容

問題点

HF 法では実際の化学を定量的に議論することができない。結合距離では 0.1 Å、エネルギーでは 数 kcal/mol 以内の誤差で再現できる化学的制度が必要だが、HF 法ではこの精度での議論は不可能である。HF 法では 約 1% の誤差が生じるとされており、1955 年 レフディン L\"owdin により、この誤差は”電子相関“であると定義された(下式)。

    \[E_{corr} = E_{exact{ - E_{HF}\]

HF 法では異なるスピンを持つ電子間の近距離でのクーロン反発(クーロン孔)を表現することができない。電子相関はクーロン孔が表す電子間の関係である。

関連する記事

計算手法一覧に戻る