アダモ・カルロ Adamo Carlo

Share This:

Adamo Carlo (1963 年 12 月 10 日-) イタリア出身の理論化学者。L’Ecole Nationale Supérieure de Chimie de Paris 教授。(トップ画像は下記リンクの youtube より転載)

生い立ち

1963 年イタリア生まれ。1995 年にイタリアのナポリ大学 (University of Naples)にて博士号を取得(Theoretical Chemistry)。

研究内容

  • 新規の交換相関汎関数の開発
    mPW1PW91 をはじめとした多数の汎関数の開発者としても知られる。
  • TD-DFT
    以下の動画では、色素増感太陽電池の設計について講演している。

H index は 89 だが、Gaussian の引用回数が大きな要因の一つとなっている。”Gaussian 09, Revision A. 02″ の引用回数は、75358 回以上(Google scholar
Gaussian には、Solvation methods と DFT functionals の貢献によりクレジットされている。

関連する記事

参考文献

  1. “The oxydation of thiols by cobalt N4-complexes : a correlation between theory and experiments”, S. Griveau, F. Bedioui, C. Adamo, J. Phys. Chem. A 2001, 105, 11304.
  2. “‘Modelling polymerization reaction at aluminium based catalysts: is DFT a reliable tool?”, G. Talarico, V. Barone, P.H.M. Budzelaar, C. Adamo, J. Phys. Chem. A 2001, 105, 9014.
  3. “Interplay of intrinsic and environmental effects on the magnetic propoerties of free radicals issuing from H atom addition to cytosine”, C. Adamo, M. Heitzman, F. Meilleur, N. Rega, A. Grand, J. Cadet, V. Barone, J. Am. Chem. Soc. 2001, 123, 713.
  4. “Toward Reliable Functional Methods Without Adjustable Parameters. the PBE0 model.” C. Adamo and V. Barone, Journal of Chemical Physics, 1999, 110, 6158.
  5. “Accurate Excitation Energies from Time-dependent Density Functional Theory. The Assessment of the PBEO Model.” C. Adamo, V. Barone and G.E. Scuseria, Journal of Chemical Physics, 1999, 111, 2889.

関連リンク

Gaussian での紹介ページ

CV

計算化学者一覧に戻る

コメントを残す(投稿者名のみ必須)