【Threadripper】16コア Whitehaven に期待!【Ryzen9_AMD】

Share This:

計算化学をやっている人なら、少しでも早く研究を進めるために性能の良い計算資源をより多く確保したいと思うかと思います。
特に論文の再投稿期限が迫っていて ”この 1 job に全てをかけるぜ!” みたいな時には高クロックのコアがたくさんあると心強いと思います。(Gaussian16 では 32 並列程度までは opt も freq も並列効率が高いそうです。)

しかし、並列計算機を購入する際にネックとなるのが価格です!Intel の xeon E5 は少し高い。。。 core i5 はお手頃価格だがコア数が少ない。。。などなど、コア数も多くてクロック数も高く、値段もお手頃という CPU はなかなかありません!

今年 AMD が発売した Ryzen 7 は 8 コアあって 4 GHz で動くので買おうと思った人も多いかもしれません。しかし、AVX2 が遅いというベンチマークの結果や、Ryzen の本当のハイエンドは別にあるという噂や Naples 発売の噂などにより管理人は購入を躊躇していました。。。
(関連記事:【AMD_Naples】正式名称はEPYCに決定!クロック数は2.8 GHz【基本スペックなど】

以前から噂になっていた AMD Ryzen の本当のハイエンド版である Threadripper 16core/32thread の Whitehaven の情報が最近やっと出ましたので、本記事で少し紹介したいと思います。

スペック

今回の情報によると、数種類の CPU が今年中に発売されるそうです。発売予定は 2017 mid となっているので夏から秋頃でしょうか?
ちなみに 16core/32thread の CPU の名前は Whitehaven というらしいです。”White heaven” ではありません。Whitehaven で検索するとイギリスの Whitehaven という地名やオーストラリアの Whitehaven Beach がヒットするのですが、そこから来ているのでしょうか?(haven は避難所、安息所、港、停泊所と言った意味です。)


(引用元:https://www.cowcotland.com/news/57775/amd-ryzen-whitehaven-cores-threads.html

16 core で 3.6 GHz まで出せる点はすごいと思います。Intel Xeon でコア数がそこそこ多くてクロック数もそこそこある CPU だと Xeon E5-2687W V4 などが近いでしょうか?12 core, 3.0-3.5 GHz で約 26万円です!これ以上コア数が多いとクロック数が低いものが多いです。。。

また、最近発表された skylake-X シリーズの core i9 (12c/24T) との価格差も気になるところです。

もしも Whitehaven が core i9 よりも安く発売されたら、買ってみようと多います。Ryzen 7 が intel の KabyLake シリーズと同程度の価格でコア数が倍だったので期待してしまいます。(でも、Intel も Skylake シリーズの Xeon E5 がまだ出てないので、そちらも気になってしまいます。)

あとは発熱がどの程度かが気になるところです。Whitehaven の TDP は不明ですが、150 – 180 W と予想されています(参考文献 2)。
Hyperthreading は計算化学には無意味なので、ここでは触れません。)

ソケットは変更

残念ながら Ryzen 7 とはソケットが異なるようです。Ryzen 7 では AM4 が使われていましたが、Whiteheaven では S3 (LGA) に変わるそうです。Whitehaven や Naples の購入検討の一環として Ryzen 1800x を購入して Gaussian16 のベンチマークを測定しておこうか悩んでいたのですが、購入しなくて良かったです。

AMD は SP3 と SP3r2 という2つの新たなソケットを導入する予定らしいです(参考文献3)。ピンの数は 4094 です。Naples 用の SP3 も、今回出る Whitehaven(ThreadRipper) 用の SP3r2 も物理的な特徴は同じものであるため、Naple 用のプラットフォームにも Whitehaven を載せることが可能ということなのでしょうか?

Socket SP3 SP3r2
CPU Naples ThreadRipper
uArch Zen Zen
Node Max 2+ 1
DDR4 Channel 8 4
MAX TDP Supported 200W and more 180W and more
Pins 4094 4094

AMDは、Intel が LGA 1151, 2011v3, 3647 でやったような mid-level のソケットを販売するようなことはやらないようです。というのも、16C/32T のハイエンドデスクトップ用 CPU を導入するには大容量に対応したソケットが必要だからです。ちなみに Intel が今後リリースする Skylake-X 16C/32T CPU のソケットである LGA2066 の TDP limit は 160W です。

あと値段に関して気になるのは、新しいチップセットがどれくらいの値段になるかです。サーバー用マザーボードみたいに 7,8 万 もしたら嫌だなぁ〜て思っています。

Whitehaven の chipset は、X390/X399 が用いられると言われています。quad-channel DDR4 メモリをサポートしているようです。PCIe レーンの数も X390 よりも多いそうです。
3 月下旬くらいに AMD の新しい chipset の偽物の図が出回っていました。今回の whitehaven 情報を紹介しているページを見ると下の図を張っていますが、これは本物なのでしょうか?

(引用元:AMD Ryzen 16 Core “Whitehaven” Enthusiast CPUs Leaked – 3.6GHz Clock Speed, Boatloads of Cache & Quad Channel DDR4 Support

Naples

噂では、サーバー向け CPU である 32core/64thread の Naples もクロック数が高いという情報が出ているため、こちらも要注目だと思います。このコア数で intel の Xeon Phi 半額くらいだったら良いなぁ〜って思っています。

管理人は、パソコンに関しては素人です。もし記事中に誤りなどがございましたらコメント欄またはメールにてご連絡いただければ幸いです。

参考文献

  1. AMD Ryzen 16 Core “Whitehaven” Enthusiast CPUs Leaked – 3.6GHz Clock Speed, Boatloads of Cache & Quad Channel DDR4 Support
  2. New AMD 16 Core Ryzen Whitehaven Engineering Samples Surface
  3. AMD Ryzen 16 Core Threadripper CPUs & Whitehaven Platform To Launch On Monstrous 4094 Pin Socket In June

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)