7960x Gaussian16 ベンチマーク

Share This:

前回の記事では 7960x を用いた自作計算機の組み立ての様子をまとめました。

参考core i9 7960x 自作計算機【Gaussian】

今回の記事では 7960x の gaussian16 の gaussian16 のベンチマークを測定しました。

使用した機材

CPU: Intel 7core i9-7960x, 16 core, 2.8 GHz
m/o: MSI Gaming AMD Ryzen ThreadRipper Extended-ATX Motherboard (X299)
SSD: SanDisk SSD PLUS 240GB Solid State Drive (SDSSDA-240G-G26)
RAM: Corsair Vengeance LPX 16GB (4x8GB) DDR4 DRAM 3200MHz (CMK16GX4M2B3200C16)
GPU: Radeon x550 2GB
冷却: ARCTIC Liquid Freezer 240

テストセット

以前、threadripper のベンチマークを測定した時と同様に、vomilenine という天然物の構造を Gauss View 上で適当に作り、構造最適化と振動計算を行いました。原子数は 47 で、C,H,N,O で構成されています。実際に計算に用いられる平均的な分子サイズだと思います。


以下の input file を用いて計算しました。

結果

16 コア使用時の計算速度が 4 コア使用時に比べて 3 倍にしかなっていないため、多少改善の余地があると思います。ちなみにメモリは 4 チャンネル全て使用しています。Threadripper や Xeon E5-2667 v2 よりも高速ではありますが、圧倒的な差ではありませんでした。

 

続いて、同時期に AMD より発売された同コア数の Threadripper との比較をしてみました。opt、freq 共に 1.2 倍程度しか早くなりませんでした。。。

7960x は買いか?

7960x を計算機として使用することは、個人的にはあまりオススメできません。7960x の 6 割と程度の価格で購入することのできる threadripper と比べても計算速度は 20% 程度しか向上していません。また、この計算効率の向上分は、SSE4AVX2 の差に相当すると考えられます。

シングルスレッドの計算性能は、これまでの CPU に比べて明らかに向上しているのがわかりましたが、+8 万円を払う価値はないと思いました。

今回の記事では 7960x のベンチマークを測定しましたが、結果的に threadripper のコストパフォーマンスの高さを再確認する結果となってしまいました。。。

関連する記事

汎関数一覧に戻る

計算手法に戻る

コメントを残す(投稿者名のみ必須)