【スパコンランキング2019年6月】米中がトップ5を占める。日本は8位に後退【Top500】

2019 年 6 月のスパコンランキング TOP500GREEN500 が発表されました。

今回は、とりわけニュースにするような大きな変動はありませんでした。CPU も GPU も新しいプロセスルールのものが出始めましたので、次回以降またすごいスパコンが出てくることを期待します。

今回、スパコンの単純な計算性能を競う TOP500 では、前回と同じくアメリカのスパコン SummitSierra が1位と 2 位、中国のスパコン 神威・太湖之光 と天河 2 号A が 3, 4 位でした。

一方で、日本勢の最高位は産総研の AI Bridging Cloud Infrastructure (ABCI) の 8 位であり、前回から 1 つ順位を落としてしまいました。

参考【TOP500】スパコンランキングの見方!【Graph500_Green500】

以前から噂となっている中国の新しいスパコン天河3号は今回も登場しませんでした。完成すれば、また中国が首位になるかもしれません。

今回は、トップ 10 のスパコンに若干の変動がありました。5 位にアメリカの Frontera、10 位にアメリカの Lassen という新しいスパコンがランクインしました(Lassen は 2018 年 11 月が初登場で 11 位)。

上位 20 台の内 9 台がアメリカのスパコンでした。

また、Top500 全体では、中国のスパコンが 219 台、アメリカのスパコンが 116 台ランクインしています。

米中の勢いと日本の衰退を感じる結果でした。

Green500

省電力性能を競う Green500 では、前回に引き続き理研の菖蒲が 1 位を獲得しました。

先日理研の「」の後続機である「富岳」の発表の時に、単純な計算性能を競う TOP500 ではなく省電力性を追求していくとの話がありました。

PEZY computing が社長の逮捕によって以前の勢いを失ってしまった現在、「富岳」に対する期待は非常に大きいです。

参考「京」の後継機は「富岳」【理研スーパーコンピューター】

HPCG

Top500 よりも複雑な計算を行う HPCG のランキングでは、前回同様 アメリカの SummitSierra が 1, 2 位でした。

日本は理研のが第3位に、産総研の AI Bridging Cloud Infrastructure (ABCI) が第5位に入りました。

今回のHPCG には前回と比べて大きな順位変動はありませんでしたが、またこの分野で日本が巻き返してくれることを期待しています!

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)