Cavium 社が ThunderX2 ARM プロセッサーをリリース!

Share This:

Cavium は ThunderX2 プロセッサーを一般向けにリリースしました。ARM 搭載の第 1 世代高性能コンピューターに向けたものと思われます。

TOP500 の NEWS 欄には、毎週スーパーコンピューターに関する最新情報が報告されています。残念ながら、日本のメディアではほとんど報道されません。
本ウェブサイトでは、それらのニュースを定期的に日本語で紹介していきます。

今回紹介する記事は、
Cavium Releases ThunderX2 ARM Processor
May 8, 2018

概要

Thunder X2 は、Cavium の最初の ThunderX プロセッサの後継機種のように聞こえますが、Broadcom の Vulcan プロセッサを元に開発されました。 2016年、Cavium は Vulcan に関連する知的財産を取得し、ThunderX2 と改称しました。その年の 5 月に Cavium はプロセッサを soft launch させ、以来 OEM と ODM パートナーを集めています。

(訳注)OEM (original equipment manufacturer): 他社ブランドの製品を製造する企業
(訳注)ODM (Original Design Manufacturing): 委託者のブランドで製品を設計・生産すること

現在のように、ThunderX2 は、Cray、HPE、Atos、Penguin Computing などの OEM を含むかなり幅広いサーバーベンダーによってサポートされています。最初の ThunderX2 製品は、16〜32 コアの 40 種類のSKUで構成され、最大 2.5 MHz のからターボモードでは 3.0 GHz の周波数で動作します。マルチスレッドは、コアごとに 2 または 4 スレッドで、さまざまなレベルでサポートされています。同社は、Intel の最新の Xeon Skylake 製品と、HPC からクラウドおよびエンタープライズコンピューティングまで、アプリケーション分野全体で競争したいと考えています。

Caviumは特定の性能数値を発表していませんが、同社のプロセッサは「最高レベルのXeon Skylake Platinum CPUに匹敵するコアとソケットレベルの性能」を維持しています。しかし、ピーク時の性能はそうではありません。最速の Skylake チップは約 2,000 GFLOPS を示しますが、ThunderX2 は約 560 GFLOPSを上回る程度です。

後者の数字は、英国の 3 大学で HPE によって実装されている 64 ノードの ThunderX2 ベースの Apollo 70 クラスターごとに予想される 72 TFLOPS の性能に基づいています。これらのシステムは、トップエンドの 32 コア Cavium プロセッサに置き換えられる予定です。 Argonne National Lab によって発注された 32 ノードの Apollo 70 クラスタも同様の構成です。

Cray は今年、この新しい Cavium チップを採用するための最も強力なスーパーコンピュータとなるものを提供する予定です。 Isambard として知られているこのシステムは、ブリストル、バース、カーディフ、エクセター大学の研究コンソーシアムである Great Western 4(GW4)Alliance向けの XC50 スーパーコンピュータです。このマシンは 10,000 以上の ThunderX2 コアで構成されているので、おそらく 175 TFLOPS の性能を示すと予想されています。

純粋なクランチの数の比較は、ThunderX2 の強い部分ではありません。 Cavium はプロセッサをメモリ帯域幅と容量に重点を置いて設計しました。8 つの DDR4 メモリコントローラによって、ソケット当たり最大 16 個の DIMM をサポートし、最大 2 TB またはデュアルソケットノードあたり 4 TB のメモリを搭載可能です。そのため同社は、トップクラスの Xeon Skylake チップと比較して、メモリ帯域幅とメモリ容量が 33% 向上したと主張しています。

つまり、Cavium が推進している実際のメッセージは、価格性能に関するものです。量産ではThunderX2 チップの価格は 800 ドルから 1,795 ドルで、これはインテルが販売している同等の性能のプロセッサよりも優位に低い価格です。 Cavium は、インテルの最新のシリコンと比較して、1 ドル当たり 2〜4 倍の優れた性能です。

サンダーニア国立研究所、モンブランプロジェクト、マイクロソフト社 (Azure) は、英国とアルゴンヌの前述の施設に加えて、ThunderX2 サーバーも導入する予定です。おそらく、Cavium チップがファブからロールアウトしているので、これらのシステムをすべて構築して展開することができます。彼らのどれも、Isambard でさえ、TOP500 のリストには出てこないだろう。しかし、これらの初期のマシンがうまく使用されれば、あまりにも遠くない将来に、より大きなシステムの基礎を築くことができます。

参考文献

関連する記事

コメントを残す(投稿者名のみ必須)